赤ちゃん 便秘 出血

赤ちゃんの便秘と出血

赤ちゃんのおむつを開いたら、
うんちに血が付いていた――そんな経験はありませんか?

固いうんちをする便秘状態の赤ちゃんには、
よくあることですが、実際に真っ赤な血を見てしまうと、びっくりしてしまいます。

このようなとき、ママは何に気をつけてあげれば良いのでしょうか?

その日で止まれば心配ナシ


うんちに付いた血は、固いうんちをいきんだときに、
肛門が裂けたり傷ついたりして出血したものだと考えられます。

想像しただけで痛そうですが、肛門は体の他の部分よりも治癒力が高い部分。
その日のうちに出血が止まるようであれば、心配ありません。

しかし、翌日も出血が続くようであれば、
深く裂けたり傷ついたりしている可能性もあるので、
かかりつけの小児科医に相談してみましょう。

赤ちゃんの痔・裂肛


日常茶飯事のように、うんちに血が付いたり、
赤ちゃんがうんちの度に激しく泣く、まとまった量の真っ赤な血が出てしまった。

そのような状態のときは、「裂肛」と呼ばれる、
赤ちゃんの痔になっている可能性があります。
これは、大人で言う「切れ痔」と同じものです。

裂肛は肛門が裂けて痛いだけでなく、傷から細菌が入ると炎症を起こし、
ピンク色のポリープ状に腫れた肛門粘膜の一部が、
肛門から飛び出してしまうようなこともあります。
裂肛になったら、ふだん以上におしりまわりを清潔に保つことが大切です。

病院では、とにかく便をスムーズに出すための治療が行われます。
固いうんちをやわらかくする薬が処方され、
切れた肛門には消炎鎮痛作用のある軟膏が出されます。

排便時の痛みでうんちをしなくなる?


たまの便秘のときに、固いうんちでおしりが切れてしまうのはしょうがないこと。

しかし、それが習慣になったり、裂肛などで、
常にうんちのときに苦痛が伴う状態になってしまうと、
赤ちゃんの中で「うんち=痛くて苦しいもの」という図式が出来上がってしまい、
うんちをすることを拒否するようになる子がいます。

便意は、うんちを我慢すると遠のいてしまうもの。
こうなると便秘はどんどん悪化してしまうので、
十分な水分補給と、果物や野菜を積極的に食事に取り入れることを心がけて、
やわらかいうんちがスムーズに出るように、気をつけてあげることが大切です。

赤ちゃんの腸内環境を良くする食品とは?

 ⇒ 通販限定の「オリゴのおかげ」が、赤ちゃんの便秘に効果がある理由


赤ちゃん
このエントリーをはてなブックマークに追加