赤ちゃん 便秘 白湯

赤ちゃんの便秘予防に白湯は使える?

赤ちゃんの便秘の原因のひとつ、「水分不足」。

低月齢の赤ちゃんを育てているママは、足りない水分を補うにしても
“できれば甘くない白湯を飲んで欲しい”と、思うのが当然ですが、
うけつけない赤ちゃんも多いようです。

赤ちゃんの便秘には白湯?


昔から「お風呂上りの白湯が赤ちゃんの便秘予防になる」と、言われています。

もし便秘の原因が水分不足であれば、これは正解。
でも、他の原因で便秘になっているのであれば、
お風呂上りの白湯は解決法にはなりません。

白湯を飲まない赤ちゃん


「お風呂上りに白湯を」――往年の育児書を開いたら書いてあった、
またはおばあちゃんからアドバイスされて、
“試してみたけれど赤ちゃんが飲まない、どうしよう”というママも多いようです。

特に完全母乳で育っている赤ちゃんは、
ほ乳瓶に慣れていないこともあって、白湯を飲まない子が多い傾向にあります。

でも、白湯って栄養があるわけでもなく、ただの湯冷まし。
本当に赤ちゃんに必要なものなの?

2007年に新しくなった「離乳のガイドライン」では、
簡単に言うと「5ヶ月になるまでは、母乳・ミルク以外のものは必要ない」ということに、
なっていて、結論を言ってしまえば白湯も必要ありません。

ただ、白湯や麦茶を飲ませても、体に悪影響があるということはなく、
悪いことではないようです。

お風呂上りに白湯をあげて、ゴクゴク飲むようであれば喉が渇いていて、
赤ちゃんにとって水分補給が必要だったということ。

どうしても必要なものであれば、慣れていない赤ちゃんも、ほ乳瓶から飲むそうです。
また、授乳時間でなくても、お風呂上りに母乳をあげてもOK。

これは、お散歩や運動した後も同じです。母乳はミルクと違い、
いくらあげても良いとされています。

母乳で育っている赤ちゃんにとって、おっぱいは食事であり、飲み物でもあるんですね。

色々なことを早く覚えてほしいと思うのは、どんな親でも同じ。
だから、離乳食もフライングになりがちです。

でも、赤ちゃんがおっぱいを飲んでくれるのは、本当に、ほんとうに一瞬。
“1回でも多く飲ませてあげれば良かったな〜”というのが、
離乳してしまった子を持つ親の本音です。

赤ちゃんの腸内環境を良くする食品とは?

 ⇒ 通販限定の「オリゴのおかげ」が、赤ちゃんの便秘に効果がある理由


赤ちゃん
このエントリーをはてなブックマークに追加