赤ちゃんの便秘にオリゴ糖

赤ちゃんの便秘とオリゴ糖

腸内環境の変化が赤ちゃんの便秘の原因に、なることもあります。

そんなときに有効なのが、オリゴ糖。腸内の善玉菌を元気にして、
お通じを正常な状態にしてくれます。

赤ちゃんの腸内バランスは特別な状態


哺乳瓶と赤ちゃん

「善玉菌」のひとつとして、広く知られている腸内細菌・ビフィズス菌。

大人の腸内細菌に占めるビフィズス菌の割合は、
10〜20%と言われていますが、
生後5〜7日の生まれたての赤ちゃんの場合は、
腸内細菌の大部分がビフィズス菌なのだそう。

特に母乳栄養の赤ちゃんの場合、90%がビフィズス菌です。

母乳やミルクだけを飲んでいる間は、
このビフィズス菌が大半を占める状態が続きますが、
離乳食の開始と同時に、腸内で様々な細菌が増えて、
1歳くらいでビフィズス菌は半減します。

この腸内環境が劇的な変化を遂げている最中は、
バランスが崩れやすく、それが原因で便秘になることも。

また、乳児期の赤ちゃんでも、風邪をひいたり、
抗生物質を服用したりすることで、腸内環境がバランスを崩すことがあります。


腸内環境のバランスを整えるオリゴ糖


腸内環境

崩れた腸内環境を整える方法のひとつは、
腸内のビフィズス菌を元気にして、増やしてあげることです。

それに有効なのが「オリゴ糖」。
オリゴ糖とは、果糖やブドウ糖といった単糖が2〜10個連なったものの総称です。

その中でも“消化されずに腸内に届いてビフィズス菌のエサになる”
“血糖値を上げにくい”“低カロリー”であるものが、
私たちがよく耳にする「オリゴ糖」の定義となっています。

一般的に売られているオリゴ糖は食品で、副作用などはなく、
赤ちゃんが口にしても問題ありません。


口コミで人気のオリゴ糖


オリゴのおかげ


「オリゴ糖」と聞くと、シロップ状の甘い液体が思い浮かびますが、
それは甘味料で、オリゴ糖の含有量は30%程度だといいます。
実際のオリゴ糖は、砂糖の5分の1程度の甘さしかありません。

成分のほぼ100%が天然のオリゴ糖という食品、
オリゴのおかげダブルサポート」が、
赤ちゃんの便秘で悩むママたちの間で、口コミで広まっています。

サトウキビに含まれるショ糖と牛乳に含まれる乳糖を原料にして、
酵素と酵母を作用させて作られています。

粒が大きめの粉状で、オリゴ糖本来が持つ“ほんのり甘い味”です。

生まれて間もなくの赤ちゃんも口にできて、
その場合、1回の使用量は2グラム程度。
(スティックに入っている3分の1の量です)

食べ物や飲み物に混ぜても味をほとんど変えることがないので、
授乳期の赤ちゃんには白湯に溶いて、離乳食が始まった赤ちゃんには果汁に混ぜたり、
おかゆに混ぜるなどして与えることができ、便利です。

もちろん、ママのお腹を元気にするにも有効です。

通販限定商品で、ただいま公式サイトでキャンペーンをやっています。
便秘対策グッズとしては、かなりお安いほうですので、
くわしく知りたい方は、下記の公式サイトをごらんください。

「オリゴのおかげダブルサポート」公式サイトはこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加