赤ちゃん 便秘 綿棒

赤ちゃんの便秘に綿棒浣腸

赤ちゃんの便秘解消に、絶大な威力を発揮するのが、「綿棒浣腸」。

しかし、赤ちゃんのお尻に、異物を入れるのは、
新米ママにはかなりの抵抗があるはず! 

でも、コツをつかめば、そんなに怖いものではありませんよ。

綿棒浣腸ってどうやるの?


綿棒浣腸の最も優れたところは、その即効性にあります。

赤ちゃんによっては、すぐにうんちを、しかも大量にする子もいるので、
新聞紙などを敷き、その上におむつを開いて行います。

綿球が小さい赤ちゃん用の綿棒を使用してもいいかもしれませんが、
私は軸が細いのが怖くて、軸が太くてしっかりしている大人用の綿棒を使っていました。

すべりを良くするために、綿棒の先にはベビーオイルやローションを付けてあげましょう。

準備ができたら、いよいよ赤ちゃんのお尻に入れるわけですが、
2センチくらい肛門の中に入れて、くるくると動かして刺激します。

2センチと言われてもピンとこないもの。具体的にどれくらいかというと、
大人の綿棒で綿球が体の中に入って見えなくなるくらいです。

綿棒

1回に刺激する時間は?


綿棒浣腸をして、すぐにその場でうんちが出る赤ちゃんはいいのですが、
そうでない子の場合、1回にどれくらいの時間、刺激を与えればいいのでしょうか?
うちの子は、綿棒浣腸ですぐにうんちが出ないタイプで、
刺激してあげてから何時間も後に出るということもしばしばでした。

では、どれくらい刺激を与えていたかというと、
綿球の先に刺激で下りてきたうんちの色がうっすらとつく位を目安にしていました。
少し刺激しては、抜き出して確認します。

たまに、そんなに刺激していないにもかかわらず、
綿球の先にうっすらと血が付いて、驚くことがあります。
そのときはすぐに中止してあげましょう。

多くの場合、綿棒が何かの加減で
ひっかかってしまった程度で、怖がることはありません。
出血がその日で終わるようであれば、
しばらく綿棒を使うのを見合わせるくらいで大丈夫。

翌日も続くようであれば、深く傷つけてしまった可能性もあるので、
お医者さんに見てもらいましょう。

綿棒浣腸はクセになるってホント?


「綿棒浣腸を頻繁にするとクセになって、
しないとうんちが出なくなってしまう」というウワサがありますが、
お医者さんに言わせると、そのようなことはなく、
毎日やってでもうんちを出してあげたほうが、赤ちゃんのためには良いとのこと。

クセになるのとは逆に、排便のリズムを整え、便秘解消につながるそうです。

赤ちゃんを自然にスッキリさせたい方だけ見てね。

 ⇒ 赤ちゃんの便秘が良くなった「カイテキオリゴ」体験談


赤ちゃん