3ヶ月 赤ちゃん 便秘

3ヶ月の赤ちゃんへの便秘対策

首がすわりはじめ、「アー」など声が出始める子も。
昼夜の区別がついてきます。この頃の便秘の原因と対策について、まとめます。

3ヶ月の赤ちゃんの生活


夜中の授乳が減ったり、夜中はおっぱいを飲んだらすぐ眠るなど、
昼夜の区別がついてきます。

泣き声のほかに、「アー」などの声を出すように。首がすわりはじめて、
手足の動きもスムーズになり、自分の手をじっと見つめる動作が見られるようになります。

「たそがれ泣き」といって、夕方になると決まって泣き出す赤ちゃんが出てくるのもこの頃です。
消化吸収の機能がよくなってくるので、うんちの回数が減る子もいます。

赤ちゃん

3ヶ月の赤ちゃんの便秘


この時期、生理的な便秘で、突然何日もうんちが出ない子もいます。
機嫌が良く、良く飲み、体重増加が順調であれば、心配ありません。
運動不足が原因で便秘になるのは、大人も赤ちゃんも同じ。

この頃の赤ちゃんは、まだまだ自分で自由に動くことができないので、
ママが積極的に体を動かしてあげましょう。

左右の足を持って交互に動かすなどの簡単な運動を
遊びの中に取り入れて、運動不足の解消を。

また、首がすわりはじめたら、
ベビーヨガやベビーマッサージなどにチャレンジしてみるのも良いでしょう。

排便には自律神経が大きく関係します。昼夜の区別ができてきたら、
朝はカーテンを明けて部屋に日の光を入れるなどして、自律神経に刺激を。

また、夜寝るときは、薄暗く静かな、ぐっすり眠れるような環境を。
良質な睡眠は自律神経の働きを整えます。

抱っこ紐やベビーカーでお散歩に連れ出してあげるのも、
赤ちゃんの自律神経に良い刺激を与えます。

便秘ぎみかな?と思ったら、お腹の“の”の字マッサージをしてあげたり、
5%の砂糖水を飲ませてあげましょう。オリゴ糖や綿棒浣腸も効果的です。

また、市販の便秘薬として有名なマルツエキスはこの頃から使うことができるそうです。
使用してみたいと思うときは、かかりつけのお医者さんと相談してみましょう。

赤ちゃんの腸内環境を良くする食品とは?

 ⇒ 通販限定の「オリゴのおかげ」が、赤ちゃんの便秘に効果がある理由


赤ちゃん
このエントリーをはてなブックマークに追加