赤ちゃん 便秘

赤ちゃんの便秘解消法

赤ちゃんの健康トラブルの中で、もっとも身近なもののひとつである「便秘」。
心配だけど、病気というわけでもなく、小児科に連れて行くべきなのか?

――特に新米ママにとっては困惑する問題でしょう。

便秘には定義がない

うんちの回数と量は個人差が大きく、「何日出なかったら便秘」という定義ができません。

その赤ちゃんのペースよりも長い時間うんちが出ていなくて、
苦しそうな様子が見られたら、それが便秘です。

特に生まれて間もない、月齢の低い赤ちゃんは、言葉や態度でうったえることができないので、
毎日お世話をしているママが、便秘のサインに気がつくことが決め手になります。

便秘ではホームケアが重要

ほとんどの便秘は生活習慣が原因で、病気ではないからこそ、
ホームケアが大切になってきます。

食生活の見直しや工夫、お腹マッサージ、生活リズムなどの改善など、
ゆるやかで自然な解消法を試し、効果がなければ綿棒浣腸といった、
お家でできる対処をします。

それでも解消できなかった場合は、お医者さんに頼ることになります。

便秘で通院はよくあること

“便秘で病院なんて・・・”と思うのは間違い。
便秘で通院し、定期的にお薬を飲んでいる赤ちゃんはかなりいます。

消化吸収の機能が出来上がっていない赤ちゃんにとって、便秘は当然と言えるくらい
身近なトラブルで、同時に重大なトラブルでもあるんです! 

“おかしいな”“どうしよう”と頭を抱えたときには、かかりつけのお医者さんに相談するのが、
便秘を慢性化・重症化させないポイントです。

「知ること」が便秘の予防と解消に

一口に「便秘」と言っても、成長のステージや、その赤ちゃんの生活によって、原因はさまざま。

赤ちゃんの便秘を予防・解消するには、
「この時期の赤ちゃんはどんな原因で便秘になるのか」、
「それぞれタイプの便秘に効果がある対策は何なのか」を、
知ることが一番の近道です。

同時に、どこまでがホームケアで、
どこからがお医者さんの手を借りたほうがいいのかを知ることも大切です。

このサイトでは、様々な切り口で、
赤ちゃんの便秘とその解消法についての情報を紹介しています。
赤ちゃんの便秘について知り、早く楽にしてあげるための足がかりとしてお役立てください。

今すぐクリック!赤ちゃんの便秘におススメ健康食品

 ⇒ 毎日ドッサリ出来る話題のはぐくみオリゴ


赤ちゃん